尋常性乾癬の効果的な治療

医学の進歩により、尋常性乾癬の治療もだんだんと変わってきたようです。

尋常性乾癬の治療は今のところ4種類あります。

それは外用療法、内服療法、光線療法、生物学的製剤です。

それぞれの内容についてまとめました。

【外用療法とは】

外用療法は、尋常性乾癬の患者さんに最もよく行われている治療法です。

ステロイドや活性型ビタミンD3の塗り薬を患部に塗る方法です。

より良い効果を得るために、医師の指示通りに塗ることが大切です。

全身に広がった皮疹に塗るのが面倒だから塗る回数を減らしたりする人がいますが、それだと悪化する可能性があります。

【内服療法とは】

内服療法とは飲み薬での治療です。

外用療法で十分な効果が得られないとか、皮膚の炎症が全身に広がっている場合などに選択されます。

レチノイド(ビタミンA誘導体)やシクロスポリンという免疫異常を抑える薬があります。

【光線療法とは】

光線療法は、人工的に紫外線を照射してつらい皮膚症状の改善を図るものです。

プーバ療法とナローバンドUVB療法の2種類があります。

【生物学的製剤とは】

生物学的製剤とは、新しいタイプの薬です。

TNFα阻害薬やインターロイキン阻害薬があります。

点滴や注射で投与するものですが、これらを投与している間は感染症にかかりやすくなるので注意が必要です。

【どの治療法にするかは医師と相談】

乾癬の症状の出方は人それぞれで、薬の効き方も個人差があります。

どの治療法を行うかは医師と相談して最良の方法を選択するようにしましょう。

単独で行うかいくつかを組み合わせるかは医師の判断となるでしょう。