尋常性乾癬になった時に気をつけたいこと

乾癬患者の多くが尋常性乾癬ですが、これは良くなったり悪化したりを繰り返すもので、長い付き合いをしなければなりません。

普段の生活の中で気をつけたいことを挙げておきますので、悪化させないようにしましょう。

【皮膚に刺激を与えない】

尋常性乾癬は、皮膚に炎症を起こして皮がポロポロとはがれます。

無理に皮をはがしたり、お風呂で強く擦ったりするのはいけません。

皮膚への刺激は、乾癬を悪化させることになりますので注意してください。

皮膚を引っかいたり傷つけたりすると、症状がない場所でも乾癬ができることがあります。

【感染症に注意】

風邪やインフルエンザ、扁桃腺炎などの感染症にかかると乾癬が悪化することがあります。

熱を出すこともあるかもしれませんが、熱が長引いたりすると乾癬が全身に広がる恐れがあります。

感染症にかからないよう、普段から予防をしましょう。

【お酒やたばこは控える】

尋常性乾癬は、不規則な食生活も影響しますが、お酒やたばこもあまり良くないと言われています。

特に痒みがある時のお酒は控えるようにしましょう。

また、たばこは乾癬だけでなく健康のためにも吸わない方が良いとされています。

【ストレスのない生活を】

尋常性乾癬にかかってしまったら、長期に渡って治療していかなければなりません。

規則正しく、ストレスのない生活を送ることで尋常性乾癬の症状を和らげることができます。

ストレスをゼロにするのはほぼ不可能ですが、うまく発散する方法を自分なりに見つけておけば良いでしょう。